仕事でストレス

ストレスの原因(ストレッサ)を知っていますか?


ストレス解消・発散ゲーム 無料 簡単 TOPへ
仕事でストレス

●仕事のストレスに対処

あなたもストレスに悩まされていますか?
もしかしたら仕事が原因でしょうか?
独りで悩んでいても、のしかかるプレッシャーが大きくなるだけかもしれません。

職場でのストレスを研究する専門家たちは、「雇い主に話すこと」を勧めています。
「雇い主は、問題について知らなければ助けようがない」からです。
怒りや不満をただぶつけるのではありません。
冷静な態度で仕事上の話をする時のように話し、対決するような形は避ける方が良いのです。
仕事のストレスが減れば生産性が向上する、という点をよく理解してもらえるかもしれません。

同じことは、同僚との緊張関係や衝突など、職場の他の問題にも当てはまります。
そのような問題に対処するための有効な方法を探してください。

全くどうしようもない状況であれば、別のところで働くことを考えたほうがよいかもしれません。


●仕事場でうまくやってゆく一つの方法

多くの場合、仕事をしてゆくには、チームに溶け込むことや、
チームが一つになってうまく機能するように協力し合うことが求められます。
職場の仲間同士が良い関係にあれば、仕事が、はかどります。
そうでなければ仕事は滞り、嫌がらせの発生率が高くなります。

チームワークを乱すどんな要因があるでしょうか?


一つは、人事の異動が頻繁に行なわれる場合です。
そうした状況では、人の絆が生まれにくくなります。
また、新たに加わった仕事仲間は、物事のやり方に慣れておらず、全体の作業を遅らせてしまいます。
仕事の負荷が大きくなると、チームは、絶えずストレスを感じることになります。

加えて、チームが明確な目標を持っていないなら、一体感はほとんど生まれません。
例えば、上司がしっかりしない人で、リーダーシップを発揮するよりも、
自分の立場を守ることのほうに時間を費やしている場合、そうなりがちです。
部下同士を競わせて自分の優位を保とうとさえするかもしれません。
さらに悪いことに、チーム内の分担が非常にあいまいで、一部の人が自分の責任の範囲を理解していない場合もあります。

例えば、二人の作業者がどちらも、自分が伝票にサインをする責任者だと考えているなら、衝突が生じかねません。

上のような状況では、コミュニケーションもままならず、悪感情がそのまま残りがちです。
ひがみやそねみが職場の雰囲気を損ない、上司に取り入ろうとして仲間同士が競い合います。
ささいな誤解が侮辱的な言動と取られ、ちょっとしたことが大問題とみなされます。
こうして、嫌がらせの生じる下地ができ上がります。

したがって、お互い充分に話し合い、協力しあうことが大切だ、と分かります。
ポイントは、コミュニケーションを工夫することです。


●職場は、ストレスの原因

グローブ・アンド・メール紙によれば、
「カナダ人のほぼ5人に1人は、ストレスが大き過ぎて、プレッシャーから解放されるために自殺を考えたことがある、と述べています」。

そのようなストレスの原因は、何でしょうか?



1,002人を対象にした調査では、43%の人が「仕事」、と答えました。


また、モントリオール大学教授の組織心理学者シモン・ドーランは、次のように述べました。
「人々は、現代の職場で、身体的にも精神的にも極限まで追い込まれています」、と。

グローブ・アンド・メール紙は、カナダ人のストレスの対処方法を紹介しています。

最も一般的に行なわれているのは「運動」で、「読書、趣味、スポーツ、社交的な交際、家族との団らんなど」でした。


●ストレスと病気との関係

オランダにおいて、8,000人以上の従業員を対象にした研究によると、
「職場のストレスや疲労によって、風邪、インフルエンザに似た病気、胃腸炎など、急性の感染症にかかる確率は高まる」と、科学研究機関が報告しています。
「その研究によれば、要求の多い仕事を持つ従業員は、要求の少ない立場の従業員より、20%以上も風邪を引きやすい」そうです。

感染症にかかる危険を高める他の要素としては、夜勤、会社のリストラに伴う不安感などがあるようです。
「シフトで働く従業員は、日勤の従業員より感染症にかかる確率が高い」、と報告は、述べていました。





● あなたのストレスの原因(ストレッサ)を見つけ解消しましょう!
ストレス解消・発散ゲーム 無料 簡単 TOPへ
posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。