運動の必要性

ストレスの原因(ストレッサ)を知っていますか?


ストレス解消・発散ゲーム 無料 簡単 TOPへ
運動の必要性

●座っていることの多い仕事・生活の危険

体を動かすことが大幅に減ったために、多くの身体的、精神的、感情的な問題が生じています。
例えば、英国の保健機関は、最近、次のように報告しました。
「活発に動かない子どもは、自尊心が低く、不安感が強く、ストレスが大きくなりやすい。
そうした子どもは、活発な子どもと比べてたばこや薬物を使用する可能性も高い。
あまり体を動かさない従業員は、よく体を動かす従業員よりも欠勤が多い。
運動をしないと、晩年に日常の活動を行なう体力や柔軟性が失われる。
その結果、自活できずに精神的にも不健康になる人が多くなる」、と報告しました。

また、カナダ・フィットネス・ライフスタイル研究所の所長コーラ・クレーグは、
「カナダ人は、仕事で体を動かすことが以前と比べてずいぶん減った。全体的に見て、身体活動が減少している」、と述べています。
カナダのグローブ・アンド・メール紙は、「カナダ人の約48%は太り過ぎで、そのうち15%は肥満である」、と伝えています。
同紙はさらに、カナダでは大人の59%が座りがちの生活をしているとも述べています。

一方、フィンランド・クオピオ大学のマッティ・ウーシツパ博士は、
「肥満および座っていることの多いライフスタイルが増えているため、世界じゅうでII型糖尿病が急増している」、と警告を発しています。

他方、調査からすると、香港<ホンコン>では35歳以上の人の死因の約20%に運動不足が関係している可能性があるようです。
この調査は、香港大学の林大慶教授が行ない、2004年に「疫学年報」に載りました。
それは、香港の中国人の間で「運動不足は、喫煙よりも危険」と結論しています。
研究者たちは、中国のほかの地域でも「同様の原因で多くの人が亡くなる」と予測しています。

こうした警告は、正当でしょうか?
運動不足は、本当に健康に有害で、しかも喫煙より危険なのでしょうか?


体を動かす人に比べて、体を動かさない人は血圧が高く、脳卒中や心臓発作を起こしやすく、ある種のがんになりやすく、
骨粗鬆症になる可能性が高く、肥満になる傾向が強いということは広く認められていますネ!





● あなたのストレスの原因(ストレッサ)を見つけ解消しましょう!
ストレス解消・発散ゲーム 無料 簡単 TOPへ
posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。